阿部勇樹選手に1万通の手紙を送ろう!

阿部、残ってくれ。 とにかく今すぐ、まずは思いを伝えよう。 まずは、CATEGORYのプロジェクト概要をお読み下さい!

--.--.-- --スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by:--:-- 

2007.01.19 Friご報告 [経過報告]

お世話になっております。

このたびは阿部勇樹選手と坂本將貴選手の移籍に関しまして、両選手の残留を求める署名企画にご協力いただき、本当にありがとうございます。無念では有りますが、両選手ともに移籍と言う結末に至り残留はかないませんでした。しかし皆様のご協力によって、サポーターとして気持ちを少なからず両選手にお伝えする事ができたと考えております。

つきましては、本企画につきましてその活動内容をご報告させていただきます。


===<経緯報告>===
【2006年】
12月5 日
名古屋グランパスエイトが阿部勇樹選手に獲得オファーを出す旨、報道される。
12月9 日
名古屋グランパスエイトに続き、浦和レッズおよびFC東京の2クラブも阿部勇樹選手の獲得を目指す旨、報道される。
12月10日
浦和レッズから阿部勇樹選手獲得の正式オファー。
12月13日
阿部勇樹選手とジェフとで契約更改交渉。ここで3クラブからの獲得オファーを伝えられ、阿部勇樹選手は3クラブとの直接交渉を希望。
12月15日
祖母井秀隆の統括本部長退団と、唐井直氏の新統括本部長就任が発表。
12月17日
「Stop the 阿部勇樹」企画発足。
12月20日
「阿部勇樹選手に1万通の手紙を送ろう!」企画発足。メッセージ募集開始。
12月21日
アルビレックス新潟から坂本將貴選手に獲得オファーがあった旨、報道。
また淀川社長が阿部勇樹選手の慰留に交渉の場に出席するとの事。
「JEFSPIRIT.com」様にて本企画について告知。
「イヌゲノム」様にて本企画について告知。
12月22日
メッセージ第一弾50通をジェフのクラブハウスに届ける。
また本企画についてクラブへの企画趣旨の説明。
12月23日
スポーツ報知で、本企画について報道。
12月24日
メッセージ第二弾470通をジェフのクラブハウスに届ける。
12月25日
ニッカンスポーツで、本企画について報道。
12月26日
「サポーターをサポートしたい」様にて本企画について告知。
「第二弾!阿部選手に年賀状を送ろう!」企画を開始。
12月27日
エルゴラッソで、本企画について報道。
「GRIDA-LE」様にて本企画について告知。
阿部勇樹選手、名古屋グランパスエイトおよびFC東京と移籍交渉。
12月28日
メッセージ第三弾191通をジェフのクラブハウスに届ける。
坂本將貴選手がアルビレックス新潟と移籍交渉に動くと報道。
12月29日
阿部勇樹選手、浦和レッズと移籍交渉。
同日、ジェフが阿部勇樹選手と慰留にむけて再交渉との報道。
ニッカンスポーツで、本企画について報道。
12月30日
「坂本選手にメッセージを!」企画発足。

【2007年】
1月6日
阿部勇樹選手、浦和レッズのオジェック新監督と面談。移籍交渉。
1月7日
坂本將貴選手、都内で挙式。同時にアルビレックス新潟/FC東京/名古屋グランパスエイトからの獲得オファーに対して、移籍が濃厚であると報道。
1月8日
「イヌゲノム」様にて本企画について告知。
1月9日
これまでの両選手に向けられたメッセージ全てを、阿部勇樹選手/坂本將貴選手に
直接手渡しで届ける。それぞれ約1500通(阿部選手)/500通(坂本選手)。
また本企画がスポニチで報道される。
1月10日
阿部勇樹選手より他クラブへの移籍の意向がジェフに伝えられる。
また坂本將貴選手に関しては本人より「このままでは0円提示になる」とフロントの意向に言及するコメント。
1月12日
阿部勇樹選手の移籍が決定した旨、ジェフ公式ホームページに掲載。
1月17日
坂本將貴選手の移籍が決定した旨、ジェフ公式ホームページに掲載。



===<メッセージ実績>===
阿部選手 約1500通
坂本選手 約500通


本企画は、一個人の思い付きからはじまったにも関わらず、多数のジェフサポーターの方々から心のこもったメッセージを頂く事ができました。加えてジェフサポーターの諸先輩方にも有形無形の様々なご協力をいただきました。これだけ多くのメッセージを、両選手に手渡す事ができたもの、皆様方のご協力のおかげと深く感謝しております。

今回はジェフサポーターの願いかなわず、両選手共に移籍という結果となってしまいました。しかしながら坂本將貴選手が本企画のメッセージについてコメントしていただけるなど、決して無為ではなかったと考えております。また、本企画については再三スポーツ新聞で報道していただき、両選手の残留を願うサポーターの皆様の気持ちは、ジェフに関わる様々な人々に伝わったと思っております。

ジェフユナイテッド市原・千葉を応援するサポーターの声が、少しでも選手やフロントに伝われば、幸いです。


最後になりましたが、本企画にメッセージを送っていただきました全てのジェフサポーターの皆様、告知にご協力いただきましたブログや応援サイトの運営管理者の皆様、報道いただきましたメディアの皆様・・関わった全ての方々に心からお礼申し上げます。



WIN BY ALL!

最後に、本報告もkhouさんに作成・ご協力いただいております。
どうもありがとうございました!
スポンサーサイト
posted by:11:18 comment:5 
Skin:Babyish
-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。